2015.10.27

パリンカ RISE 二子玉川

  • 僕の好きな絵本作家の安野光雅さんが刊行した絵本『ABCの本』は40年間読み続けられている。絵本は親から子へ、子が親になったらまた自分の子へと、変わらない安心感と絶えず変化をしながら美しさを輝き続けるオパールの様な絵本。その絵本から飛出したごとく、アルファベットのタイポグラフィが空間化したパリンカの新しいショップが二子玉川ライズに新装。
    二子玉川エリアののショップに驚きと楽しさを与えました。
    オパールの輝きと品格をブランドのコンセプトとたPALINKAにふさわしい新たなショップの誕生です。

  •  
  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(0.9MB)

2015.10.27

エモダ ルクア大阪

  • 大阪梅田地区のフラッグシップショップが改装。
    モードを意識した空間は今までとは違ったデザインで表現。
    今後の新しいエモダは更なる品格を高めて展開。

  •  
  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(2.9MB)

2015.06.10

エモダショールーム

  • 本社ビル内にエモダショールームを新装致しました。

  •  
  •  

2015.06.10

美容院コンペ案

  • 大手美容院からの依頼でコンペに参加しました。

  •  
  •  

2014.11.10

プレゼンテーションルーム コンペ

  • 大手デベロッパーのプレゼンテーションルームのコンペに参加しました。

  •  
  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(9.4MB)

2014.03.31

エモダ 丸栄 名古屋

  • 東京渋谷発のファッションブランドで根強い人気を博しているEMODAは昨今、国内SC(ショッピングセンター)に出店ステージを移してショップ展開を始めた。SCは200平米の面積を基準に店舗が運営される。その店舗デザインを初期段階から開発案件としてデザインを行った。SCは天井が4000mm近くあり、面積とも相まって大空間である。反面、限られた予算から空間を持て余す店舗デザインがSCでは散見される。EMODAとしてSC案件は成長のセカンドステージでありブランディングを都市型案件以上に新しいモード感で表現させなければならない。このSC要件を満たしたデザインが、今回都市型案件にリサイズされての表現となった。空間デザインは素材としてカラーガラス及びミラーが多用された。物販店舗では来店者が売り場を自由に回遊して気に入った商品を選ぶ。その動きはダンスを踊るが如く美しい。バーコード状で壁面に埋め込まれたカラーガラスとミラーはその姿を映り込ませて変化と賑わいを表現する。艶やかで伸びのあるシームレスな床はオリジナルで開発された素材だ。東京渋谷発ファッションは廉価な商品単価と流行を瞬時に取り入れる事のみ注目されるが、リテールデザインも含めグローバルに注目される事をEMODAブランドでは計画された。
    写真_平井広行

  • EMODA, a fast fashion brand that rose to claim deeply rooted popularity from origins in the trendy Shibuya quarter of Tokyo, in recent years has been opening stores in domestic Japanese shopping centers as well.
    In such mall venues, EMODA operates outlets on the standard of 200 square meters of floor area. Within this, generous use of colored glass and mirrors is made as the key materials in the spatial design. Inside such merchandise outlets the brand's customers are free to wander up and down the floors to find and select products that appeal to them. The flow of people around the premises is picturesque to the point of conjuring up images of choreographed dancing.
    The colored glass and mirrors, attached to walls in barcode-like configurations, reflect this stop-and-go movement in dynamic images of bustling change and activity. The lustrously seamless floors expand throughout the stores on the strength of equally originally developed materials.
    While fast fashion normally grabs equally instant attention for the low unit prices of the goods and the vogue that they generate, EMODA brand planning vision encompasses plans to draw notice to the retail design domain as well.
    Photographer : Hiroyuki Hirai

  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(17.3MB)

2014.02.05

EMODA COSMETICS in Shibuya

  • EMODAブランドが展開するコスメティックショップを渋谷西武百貨店1階でデザインしました。

  •  
  •  

2013.12.11

V.I.P ROOM in Shibuya

  • VIPルームのデザインをしました。

  •  
  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(5.8MB)

2013.08.05

TOWER CONDO ENTRANCE LOBBY at Musashikosugi

  • 大手デベロッパーのタワーマンションエントランスロビーをデザインしました。

  •  
  •  

2013.04.19

ソファデザイン N.O_03 プロダクトデザイン

  • VIPルームのために3Pソファをデザインしました。

  •  
  •  

2013.04.09

エクレア_プロダクトデザイン

  • フランスの伝統的焼菓子であるエクレアをモチーフに照明器具をデザインしました。仏語で雷、稲妻を意味するエクレアはホワイトカラーガラスとゴールドプレートで形状化して電光石火のごとく36分割しました。カラーガラスは風景を映し込む素敵なガラスです。白を選んだ理由は僕のデザインテーマである透明感を最大限に表現できる色だと思い選びました。内部側のゴールドプレートは光源を万華鏡の様に映し出します。
    エクレアは表裏のリフレクションの違いを体験できるミニマルな小空間です。

    写真:平井広行

  • I embarked on the design of this lighting equipment in the motif of the éclair - the traditional French pastry. This approach to the image of éclair, which means "thunder" or "lightning" in French, was advanced through the use of white-colored glass and gold plate. I then divided the illumination into 36 separate segments in the image of a flash of lightning.
    The colored glass is an exquisite material crafted to reflect the surrounding scenery.
    The choice of the color white was rooted in my confidence that this would prove most effective in maximizing the expression of translucence - my own design mark.
    The gold plate on the interior serves to portray the light source in a kaleidoscopic vision.
    By genre, éclair comprises a truly small and minimal space where the differences between forward and background reflections can be experienced.

    Photographer : Hiroyuki Hirai

  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(14.4MB)

2013.01.21

ホントカフェ 市ヶ谷

  • 古代中国で発明された紙は日本には7世紀頃に伝えられ、和紙として独自の発展をとげた。ヨーロッパにはアジアと中東、中東とヨーロッパによる戦争で紙漉職人が捕虜となり紙漉方法が12世紀頃に伝わったという。ヨーロッパ全体で洋紙が使用される様になるのは15世紀頃だが、それまでは羊皮紙が使用されていた。同時期に活版印刷技術をグーデンベルグが発明して、『グーデンベルグ聖書』を紙と羊皮紙で印刷した。その羊皮紙聖書のレプリカを展示するhontoカフェは明治時代に創業したDNP大日本印刷が運営するデジタル書籍と印刷書籍をハイブリッドに体験出来るショールームである。一画にはカフェカウンターを設えてフェアトレードコーヒーが堪能できる。ショールームは床壁天井を木質素材で構成した。素材情報量を限定するデザインは、ハイブリッドで展示される書籍に来場者が集中できる企画とした。各テーブルとデスクにはタブレット端末が設置されタップする事で好みのデジタル書籍を閲覧できる。印刷された書籍をフェース展示にて閲覧できるスペースも計画され、定期的に売れ筋や話題の作品をフォーカスする。歴史あるDNPは重要な蔵書も所有しており、その展示スペースにDNPのオリジナル書体である秀英体の活字を10万本鋳造。それをタイル状に構成して組積圧着した壁面にガラスの図録ショーケースをデザインして価値ある蔵書を展示所蔵とした。 hontoカフェはハイブリット書籍を企業と一般消費者が同じ目線で接点を持つ豊かな空間となった。
    写真: Nacasa&Partners

  • Paper, originally conceived in ancient China, made its way to Japan in the 7th century. There, the material was perfected into the unique and indigenous genus of washi (Japanese paper). It is believed that papermaking techniques were communicated to Europe sometime around the 12th century, in connection with papermaking artisans being taken prisoner in wars fought between Asia and the Middle East and the Middle East and Europe. Machine-made (Western-style) paper came into use throughout Europe around the 15th century, with sheepskin (parchment) utilized in such a capacity up to that time.
    Around this same time, letterpress-style printing was invented by Johannes Gutenberg, with the legendary Gutenberg Bible printed on a mix of paper and parchment. The honto CAFE, which exhibits a replica of that legendary parchment bible, is in fact a showroom operated by Dai Nippon Printing Company (DNP), a printing business launched in the Meiji Era of Japanese history (1868-1912). This cafe provides guests the hybrid experience of digital and printed books.
    Located in one corner of the space is a cafe counter serving Fairtrade coffee. The showroom component uses wood materials in the floor, walls and ceiling. The design limits the quantity of materials in use to enable guests to better concentrate their attention on the books on display. Each table and desk is equipped with a tablet terminal, giving guests ready access to their digital books of choice by tapping on the screens. Also incorporated into the planning is space engineered for frontal exhibits of printed books, with regular efforts made to feature best sellers and other publications stirring up a buzz.
    Over its decades in the printing business, DNP has also compiled an impressive collection of important written works. To furnish refined display space for these publications, 100,000 fonts were cast in the DNP original type known as shueitai. The fonts have been arranged in a tile format to form a masonry style soldered wall. Mounted in this wall surface are glass covered pictorial displays tooled to showcase the precious pieces in the DNP collection.
    In this way, the honto CAFE has emerged as richly refined space, instilled with the function of bringing together DNP and general consumers, at the same eye level, through the interface of hybrid books.

    Photographer : Nacasa&Partners

  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(12.4MB)

2012.11.05

CONDO temporary room at Yodoyabashi in OSAKA

  • 大手デベロッパーのマンションギャラリー内にモデルルームを大阪淀屋橋地区でデザインしました。

  •  
  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(7MB)

2012.09.09

T邸 千葉

  • 15年前に新築竣工したT邸を光に包まれた建築をイメージしてリノベーションしました。

  •  
  •  

2011.05.03

ルシェルブルー オオサカ

  • 極彩色のホワイト空間

    大阪梅田地区再開発事業の商業施設ルクアに
    テナントとしてショップはデザインされた。
    80坪で天井高さ5メートルの建築区画は贅沢
    な空間だ。空間をデザインするにあたり大局
    感とディテールワークの二極から設計は進め
    られた。ここでは建築区画に内包されたもうひ
    とつの建築的インテリアデザインが提案された。
    構造計算で組上げたメッシュ式シリンダーデザイン。
    ただしデザインがスケールアウトしている為に
    建築区画に同化しない様、建築との軸線をずらして
    空間に重力感を与えたレイアウトだ。そのシリンダーに
    特注ペンダントを設置して建築的インテリアが際立つ
    計画にもなっている。色彩を纏ったホワイト空間
    は特注床材ゴールドメタリックの輝きですべ
    ての形態を浮かび上がらせショップの新規性
    と品格が表現された。
    このように完成度の高い空間のデザインが出
    来るのはデザインに対して理解力あるクライ
    アントの存在は大きい。
    写真:平井広行

  • A white space in brilliant colors

    This shop was designed for a retail complex called LUCUA, which was built as part of the redevelopment of the Umeda area in Osaka.

    It is a luxurious architectural space of about 250m2 with a ceiling 5m high. When approaching the design I simultaneously embraced the two opposing notions of the overall concept as well as the detailed design of the space. I was conscious that if I based my design on the functional requirements of the space such as the number of products that could be housed, I would end up with an interior resembling a fashion retail megastore. The design that I proposed was an interior space which incorporated another architectural space within it. This interior space was a cylinder made with a structurally self-supporting mesh. Because of the size of the feature I wanted to avoid integrating it too much with the surrounding space, so deliberately aligned it off center from the axis of the building. This layout gives the space a sense of gravity. I also included custom-made hanging light fittings in my plan for the cylinder in order to make the interior space the central focus of the design.
    Photographer : Hiroyuki Hirai

  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(12.2MB)

2010.10.12

バー アニス

  • 最小要素での空間構成

    新橋はミラクルな街である。駅前SL広場前ではワイドショーのインタビュアーが酩酊したサラリーマンの取材を行い、ファストフード店では底値の見えない競争を繰り広げる。かたや東京で最高と言われる誉れ高い日本料理店もある。まさに日本の"ヘソ"だ。「アニス」は駅前かの喧噪からほどよく間を置いた日比谷通り近くにある。バーテンダーの山内氏はブリティッシュダンディーな巷のバーに疑問を持ち、ニッポン独自のスタイルを持つバーをつくりたい、との思いからvoid+creativeにディレクションの依頼をした。インテリアは狭小空間で限られた予算での計画だ。運営計画で年3回アーティストに壁面ペインティングを依頼するため、空間はそれらを最大限に生かす空間として最小の要素で構成した。カウンターデザインはバーでの最大な要素となり、一つの見せ場でもある。しかし予算から算出すると木製カウンターの作成もおぼつかない状況だ。そこで教育材料の桂材積み木を2cm角で約6500ピース分購入して、山内氏と共同で現場にて敷き詰め、コストダウンとデザインフィニッシュを試みた。9時間以上の手間が掛かったがミニマルなく空間に色気と品格を与える満足出来る仕上がりとなった。飲食空間は華飾になりがちだ。しかし最小の要素でも飲食空間は成立する良い事例となった。


  •  
  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(36MB)

2009.09.02

ルジュール 名古屋

  • 限られた工事期間の中、インテリア仕上材を工場でアッセンブリーして現場でノックダウン工法を提案。現場作業を精査圧縮する事でインショップで問題となる音の問題、匂いの問題も工場加工で解決した。結果的に予算も範囲内に。施工方法論の完成はホワイト&ゴールドの空間はブランドにさらなるクラス感を与えた。
     

  •  
  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(7.3MB)

2009.06.01

TIC TOKYO ツーリストインフィメーションセンター

  • このTIC TOKYOは、民間企業運営において国内最大級の総合観光案内所だ。JR東京駅に隣接したこの施設は東京で最も中心の場所に位置しており、昨今東京に進出したいくつかの外資系ホテルも徒歩圏内だ。場所柄か日本人の観光客はもとより欧米人、アジア人観光客の来場が多く見受けられる。
    空間デザインは東京のポータルをクールに感じるスペースで構成した。伝統的な日本のモチーフ(そう、京都の様な禅的空間)はいっさい取り込まない様に心がけた。なぜならばJR東京駅から新幹線を使えば2時間も掛からず京都まで行けるのだから、コンテンポラリーデザインで観光客を迎える事が日本に流れる伝統、古典、現代を時系列に体感できると考えた。
    天井、壁は真白い塗装で施され床はオリジナルで特注されたゴールド色のプラスチックタイル。真赤な塗装で囲まれたレセプションスペースには4カ国語が堪能なレセプショニストがきめ細かい対応に配慮できるよう白のガラスで作られたハイカウンターを設置した。ロビー中央にはサークル状のカウンターにラップトップPCが数台置かれ、来場者が自由にTIC TOKYOオフシャルサイトにアクセスできる。日本全国より参加した自治体、企業のパンフレットが自由に取り出しできるパンフレットラック上部にはスケールアウトした日本地図を描いた。高さのある天井に緊張感をあたえながらも、参加スポンサーのサムネイル写真を設置して空間に賑わいを与えた。
    コンテンポラリーデザインで計画されたTIC TOKYOを来場者は日本的空間だと感じるようだ。真白い色彩は日本の城がイメージでき、真赤なスペースは日本の国旗の様だと。では床のゴールド色は大航海時代前の先駆的賢人Marco Poloによる体験談`Description of the world`に記された日本の`(黄金の国)`となるのだろうか。

  • This TIC TOKYO is the biggest information center of Japan administrated by a private enterprise. This place based next JR Tokyo station can be joined by work from international hotels.Indeed, there is more European or Asian tourists than Japanese.
    The space was designed to make Tokyo's portal cool. I tried not to use traditional Japanese motif, like Zen space. We can go to Kyoto only in 2 hours from Tokyo Station by Shinkansen (Japanese high speed trains)! I thought that welcoming tourists in a contemporary space allowed them to feel the tradition, classic and present day in a change to era.The ceiling and the wall are painted in white, the flooring is in a special made gold plastic tiles.In red painted receptionist space, a counter made with white glass is placed with receptionists who speaks skillful in 4 languages (Japanese, English, Chinese and Korean), to allow them a detailed service.In the center of the lobby, few laptop computer are placed on a round counter, visitors can access freely on TIC TOKYO Official Site with them.Under Japanese map, the self-service brochure rack is full of company and autonomy's brochure from all over the Japan.
    The high ceiling who gives a kind of tension is decorated with photography of sponsors.
    Visitors seem to find contemporary designed TIC TOKYO Japanese.
    White color seems to mention Japanese castles, red color booth, Japanese flags.
    Well, Gold floor would mean `Chipangu (gold country)`told in `Description of the world` of the famous explorer, Marco Polo?

  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(4.1MB)