2014.03.31

エモダ 丸栄 名古屋

  • 東京渋谷発のファッションブランドで根強い人気を博しているEMODAは昨今、国内SC(ショッピングセンター)に出店ステージを移してショップ展開を始めた。SCは200平米の面積を基準に店舗が運営される。その店舗デザインを初期段階から開発案件としてデザインを行った。SCは天井が4000mm近くあり、面積とも相まって大空間である。反面、限られた予算から空間を持て余す店舗デザインがSCでは散見される。EMODAとしてSC案件は成長のセカンドステージでありブランディングを都市型案件以上に新しいモード感で表現させなければならない。このSC要件を満たしたデザインが、今回都市型案件にリサイズされての表現となった。空間デザインは素材としてカラーガラス及びミラーが多用された。物販店舗では来店者が売り場を自由に回遊して気に入った商品を選ぶ。その動きはダンスを踊るが如く美しい。バーコード状で壁面に埋め込まれたカラーガラスとミラーはその姿を映り込ませて変化と賑わいを表現する。艶やかで伸びのあるシームレスな床はオリジナルで開発された素材だ。東京渋谷発ファッションは廉価な商品単価と流行を瞬時に取り入れる事のみ注目されるが、リテールデザインも含めグローバルに注目される事をEMODAブランドでは計画された。
    写真_平井広行

  • EMODA, a fast fashion brand that rose to claim deeply rooted popularity from origins in the trendy Shibuya quarter of Tokyo, in recent years has been opening stores in domestic Japanese shopping centers as well.
    In such mall venues, EMODA operates outlets on the standard of 200 square meters of floor area. Within this, generous use of colored glass and mirrors is made as the key materials in the spatial design. Inside such merchandise outlets the brand's customers are free to wander up and down the floors to find and select products that appeal to them. The flow of people around the premises is picturesque to the point of conjuring up images of choreographed dancing.
    The colored glass and mirrors, attached to walls in barcode-like configurations, reflect this stop-and-go movement in dynamic images of bustling change and activity. The lustrously seamless floors expand throughout the stores on the strength of equally originally developed materials.
    While fast fashion normally grabs equally instant attention for the low unit prices of the goods and the vogue that they generate, EMODA brand planning vision encompasses plans to draw notice to the retail design domain as well.
    Photographer : Hiroyuki Hirai

  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(17.3MB)

2013.04.19

ソファデザイン N.O_03 プロダクトデザイン

  • VIPルームのために3Pソファをデザインしました。

  •  
  •  

2013.04.09

エクレア_プロダクトデザイン

  • フランスの伝統的焼菓子であるエクレアをモチーフに照明器具をデザインしました。仏語で雷、稲妻を意味するエクレアはホワイトカラーガラスとゴールドプレートで形状化して電光石火のごとく36分割しました。カラーガラスは風景を映し込む素敵なガラスです。白を選んだ理由は僕のデザインテーマである透明感を最大限に表現できる色だと思い選びました。内部側のゴールドプレートは光源を万華鏡の様に映し出します。
    エクレアは表裏のリフレクションの違いを体験できるミニマルな小空間です。

    写真:平井広行

  • I embarked on the design of this lighting equipment in the motif of the éclair - the traditional French pastry. This approach to the image of éclair, which means "thunder" or "lightning" in French, was advanced through the use of white-colored glass and gold plate. I then divided the illumination into 36 separate segments in the image of a flash of lightning.
    The colored glass is an exquisite material crafted to reflect the surrounding scenery.
    The choice of the color white was rooted in my confidence that this would prove most effective in maximizing the expression of translucence - my own design mark.
    The gold plate on the interior serves to portray the light source in a kaleidoscopic vision.
    By genre, éclair comprises a truly small and minimal space where the differences between forward and background reflections can be experienced.

    Photographer : Hiroyuki Hirai

  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(14.4MB)

2013.01.21

ホントカフェ 市ヶ谷

  • 古代中国で発明された紙は日本には7世紀頃に伝えられ、和紙として独自の発展をとげた。ヨーロッパにはアジアと中東、中東とヨーロッパによる戦争で紙漉職人が捕虜となり紙漉方法が12世紀頃に伝わったという。ヨーロッパ全体で洋紙が使用される様になるのは15世紀頃だが、それまでは羊皮紙が使用されていた。同時期に活版印刷技術をグーデンベルグが発明して、『グーデンベルグ聖書』を紙と羊皮紙で印刷した。その羊皮紙聖書のレプリカを展示するhontoカフェは明治時代に創業したDNP大日本印刷が運営するデジタル書籍と印刷書籍をハイブリッドに体験出来るショールームである。一画にはカフェカウンターを設えてフェアトレードコーヒーが堪能できる。ショールームは床壁天井を木質素材で構成した。素材情報量を限定するデザインは、ハイブリッドで展示される書籍に来場者が集中できる企画とした。各テーブルとデスクにはタブレット端末が設置されタップする事で好みのデジタル書籍を閲覧できる。印刷された書籍をフェース展示にて閲覧できるスペースも計画され、定期的に売れ筋や話題の作品をフォーカスする。歴史あるDNPは重要な蔵書も所有しており、その展示スペースにDNPのオリジナル書体である秀英体の活字を10万本鋳造。それをタイル状に構成して組積圧着した壁面にガラスの図録ショーケースをデザインして価値ある蔵書を展示所蔵とした。 hontoカフェはハイブリット書籍を企業と一般消費者が同じ目線で接点を持つ豊かな空間となった。
    写真: Nacasa&Partners

  • Paper, originally conceived in ancient China, made its way to Japan in the 7th century. There, the material was perfected into the unique and indigenous genus of washi (Japanese paper). It is believed that papermaking techniques were communicated to Europe sometime around the 12th century, in connection with papermaking artisans being taken prisoner in wars fought between Asia and the Middle East and the Middle East and Europe. Machine-made (Western-style) paper came into use throughout Europe around the 15th century, with sheepskin (parchment) utilized in such a capacity up to that time.
    Around this same time, letterpress-style printing was invented by Johannes Gutenberg, with the legendary Gutenberg Bible printed on a mix of paper and parchment. The honto CAFE, which exhibits a replica of that legendary parchment bible, is in fact a showroom operated by Dai Nippon Printing Company (DNP), a printing business launched in the Meiji Era of Japanese history (1868-1912). This cafe provides guests the hybrid experience of digital and printed books.
    Located in one corner of the space is a cafe counter serving Fairtrade coffee. The showroom component uses wood materials in the floor, walls and ceiling. The design limits the quantity of materials in use to enable guests to better concentrate their attention on the books on display. Each table and desk is equipped with a tablet terminal, giving guests ready access to their digital books of choice by tapping on the screens. Also incorporated into the planning is space engineered for frontal exhibits of printed books, with regular efforts made to feature best sellers and other publications stirring up a buzz.
    Over its decades in the printing business, DNP has also compiled an impressive collection of important written works. To furnish refined display space for these publications, 100,000 fonts were cast in the DNP original type known as shueitai. The fonts have been arranged in a tile format to form a masonry style soldered wall. Mounted in this wall surface are glass covered pictorial displays tooled to showcase the precious pieces in the DNP collection.
    In this way, the honto CAFE has emerged as richly refined space, instilled with the function of bringing together DNP and general consumers, at the same eye level, through the interface of hybrid books.

    Photographer : Nacasa&Partners

  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(12.4MB)

2011.05.03

ルシェルブルー オオサカ

  • 極彩色のホワイト空間

    大阪梅田地区再開発事業の商業施設ルクアに
    テナントとしてショップはデザインされた。
    80坪で天井高さ5メートルの建築区画は贅沢
    な空間だ。空間をデザインするにあたり大局
    感とディテールワークの二極から設計は進め
    られた。ここでは建築区画に内包されたもうひ
    とつの建築的インテリアデザインが提案された。
    構造計算で組上げたメッシュ式シリンダーデザイン。
    ただしデザインがスケールアウトしている為に
    建築区画に同化しない様、建築との軸線をずらして
    空間に重力感を与えたレイアウトだ。そのシリンダーに
    特注ペンダントを設置して建築的インテリアが際立つ
    計画にもなっている。色彩を纏ったホワイト空間
    は特注床材ゴールドメタリックの輝きですべ
    ての形態を浮かび上がらせショップの新規性
    と品格が表現された。
    このように完成度の高い空間のデザインが出
    来るのはデザインに対して理解力あるクライ
    アントの存在は大きい。
    写真:平井広行

  • A white space in brilliant colors

    This shop was designed for a retail complex called LUCUA, which was built as part of the redevelopment of the Umeda area in Osaka.

    It is a luxurious architectural space of about 250m2 with a ceiling 5m high. When approaching the design I simultaneously embraced the two opposing notions of the overall concept as well as the detailed design of the space. I was conscious that if I based my design on the functional requirements of the space such as the number of products that could be housed, I would end up with an interior resembling a fashion retail megastore. The design that I proposed was an interior space which incorporated another architectural space within it. This interior space was a cylinder made with a structurally self-supporting mesh. Because of the size of the feature I wanted to avoid integrating it too much with the surrounding space, so deliberately aligned it off center from the axis of the building. This layout gives the space a sense of gravity. I also included custom-made hanging light fittings in my plan for the cylinder in order to make the interior space the central focus of the design.
    Photographer : Hiroyuki Hirai

  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(1MB)

2010.10.12

バー アニス

  • 最小要素での空間構成

    新橋はミラクルな街である。駅前SL広場前ではワイドショーのインタビュアーが酩酊したサラリーマンの取材を行い、ファストフード店では底値の見えない競争を繰り広げる。かたや東京で最高と言われる誉れ高い日本料理店もある。まさに日本の"ヘソ"だ。「アニス」は駅前かの喧噪からほどよく間を置いた日比谷通り近くにある。バーテンダーの山内氏はブリティッシュダンディーな巷のバーに疑問を持ち、ニッポン独自のスタイルを持つバーをつくりたい、との思いからvoid+creativeにディレクションの依頼をした。インテリアは狭小空間で限られた予算での計画だ。運営計画で年3回アーティストに壁面ペインティングを依頼するため、空間はそれらを最大限に生かす空間として最小の要素で構成した。カウンターデザインはバーでの最大な要素となり、一つの見せ場でもある。しかし予算から算出すると木製カウンターの作成もおぼつかない状況だ。そこで教育材料の桂材積み木を2cm角で約6500ピース分購入して、山内氏と共同で現場にて敷き詰め、コストダウンとデザインフィニッシュを試みた。9時間以上の手間が掛かったがミニマルなく空間に色気と品格を与える満足出来る仕上がりとなった。飲食空間は華飾になりがちだ。しかし最小の要素でも飲食空間は成立する良い事例となった。


  •  
  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(36MB)

2009.09.02

ルジュール 名古屋

  • 限られた工事期間の中、インテリア仕上材を工場でアッセンブリーして現場でノックダウン工法を提案。現場作業を精査圧縮する事でインショップで問題となる音の問題、匂いの問題も工場加工で解決した。結果的に予算も範囲内に。施工方法論の完成はホワイト&ゴールドの空間はブランドにさらなるクラス感を与えた。
     

  •  
  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(7.3MB)

2009.06.01

TIC TOKYO ツーリストインフィメーションセンター

  • このTIC TOKYOは、民間企業運営において国内最大級の総合観光案内所だ。JR東京駅に隣接したこの施設は東京で最も中心の場所に位置しており、昨今東京に進出したいくつかの外資系ホテルも徒歩圏内だ。場所柄か日本人の観光客はもとより欧米人、アジア人観光客の来場が多く見受けられる。
    空間デザインは東京のポータルをクールに感じるスペースで構成した。伝統的な日本のモチーフ(そう、京都の様な禅的空間)はいっさい取り込まない様に心がけた。なぜならばJR東京駅から新幹線を使えば2時間も掛からず京都まで行けるのだから、コンテンポラリーデザインで観光客を迎える事が日本に流れる伝統、古典、現代を時系列に体感できると考えた。
    天井、壁は真白い塗装で施され床はオリジナルで特注されたゴールド色のプラスチックタイル。真赤な塗装で囲まれたレセプションスペースには4カ国語が堪能なレセプショニストがきめ細かい対応に配慮できるよう白のガラスで作られたハイカウンターを設置した。ロビー中央にはサークル状のカウンターにラップトップPCが数台置かれ、来場者が自由にTIC TOKYOオフシャルサイトにアクセスできる。日本全国より参加した自治体、企業のパンフレットが自由に取り出しできるパンフレットラック上部にはスケールアウトした日本地図を描いた。高さのある天井に緊張感をあたえながらも、参加スポンサーのサムネイル写真を設置して空間に賑わいを与えた。
    コンテンポラリーデザインで計画されたTIC TOKYOを来場者は日本的空間だと感じるようだ。真白い色彩は日本の城がイメージでき、真赤なスペースは日本の国旗の様だと。では床のゴールド色は大航海時代前の先駆的賢人Marco Poloによる体験談`Description of the world`に記された日本の`(黄金の国)`となるのだろうか。

  • This TIC TOKYO is the biggest information center of Japan administrated by a private enterprise. This place based next JR Tokyo station can be joined by work from international hotels.Indeed, there is more European or Asian tourists than Japanese.
    The space was designed to make Tokyo's portal cool. I tried not to use traditional Japanese motif, like Zen space. We can go to Kyoto only in 2 hours from Tokyo Station by Shinkansen (Japanese high speed trains)! I thought that welcoming tourists in a contemporary space allowed them to feel the tradition, classic and present day in a change to era.The ceiling and the wall are painted in white, the flooring is in a special made gold plastic tiles.In red painted receptionist space, a counter made with white glass is placed with receptionists who speaks skillful in 4 languages (Japanese, English, Chinese and Korean), to allow them a detailed service.In the center of the lobby, few laptop computer are placed on a round counter, visitors can access freely on TIC TOKYO Official Site with them.Under Japanese map, the self-service brochure rack is full of company and autonomy's brochure from all over the Japan.
    The high ceiling who gives a kind of tension is decorated with photography of sponsors.
    Visitors seem to find contemporary designed TIC TOKYO Japanese.
    White color seems to mention Japanese castles, red color booth, Japanese flags.
    Well, Gold floor would mean `Chipangu (gold country)`told in `Description of the world` of the famous explorer, Marco Polo?

  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(4.1MB)

2009.04.24

ルジュール 新宿

  • アパレルの激戦区である新宿にデザインされたショップは、ホワイト&ゴールドを基調とした空間。壁面にはモールディングパターンをオリジナルでデザインして、新しくかつ落ち着きを感じるチャーミングな大人のデザインを考えた。
     

  •  
  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(2.3MB)

2009.04.13

インタープラネットウィングス 名古屋

  • SC(ショッピングセンター)内テナントのショップは、新規にディテールデザインされた可動システムにより棚およびハンガーの可動着脱が容易。また床は特注ゴールドの塗床を施し、シームレスな仕上げを試みた。照明計画はナローな光で、4メートルの天井高さからトルソー、商品をピックアップした。

  •  
  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(4.3MB)

2009.03.13

Competition for Shoes Shop

  • 一日中往来の絶えない横浜ジョイナスのパブリックスペースからのエントランスは2カ所に限定した。これは往来のピーク時にエントランスが複数あるとセキュリティーの問題と、ショップも通路の一部として使用される事に懸念した。店頭陳列及びDPスペースはオリジナルパターンゴールドフィルムが貼られた高透過ガラスでデザイン。そこでは特注シューズボックスを見せた店内収納も兼ねている。ストックスペースは区画中央の建築柱を基準に設置。ここでもフィルム貼りのガラス越しに特注シューズボックスを伺い見る

  • 事をデザインとした。その前面はガラス棚をガラスの方立で可動式として商品陳列。関係性として商品、オリジナルパターン、ガラス、シューズボックスそしてトランスペアレントカーテンと、アパレルファッションのレイヤードルックの様にインテリア空間も透明感あるセクシーレイヤードインテリアデザインとした。照明計画はフラットなベース照明だけでで明るさを出すのではなくメリハリある照明計画で輝度感を演出したい。

  •  

2009.01.15

1140minutes Project

  • 分刻みのフライトを考慮したレストラン空間

    世界屈指のハブ空港である成田は世界各国より毎分(5:00AM〜24:00AMの合計114分)、おびただしい数の航空機が離発着する。そこは人々の出会い別れが喜びをもって行われる。ここでの飲食店舗は出発時間の絶対時制の中で利用される。ことに初めて訪れる利用客が多いであろう。なぜならば成田利用の多い利用客は各航空界社およびクレジットカード会社は独自のラウンジ空間を主に利用するからだ。これらの成田利用の多い利用客もレストラン利用客としてエスコートしたい。それらを呼ぶには出張ビジネスマンおよびヘービーユーザーの打ち合わせが出来る設備サービス(携帯電話の充電機能、エアーLAN)および心地よいレストランデザイン空間が必要だ。さらに利用の多い利用客と団体客を店内レイアウトにて区画する必要がある。時計の文字盤(12時間割り)をイメージした平面計画にて、中央に厨房を設置した。そこでは世界各国の食事がオーダーできるようサークル状のカウンターキッチンデザインにて対応する。これは航空機がゲートに繋がれている様子にも似ている。12種類の各国料理およびドリンク等のカウンターが放射状に利用客をセグメントする。そのプラン同心円上に立ち飲みハイカウンターが設置される。時間の限られた利用客対応である。さらにテーブル席は同心

  • 円上に設置され、ここでは着席して食事が出来る。ここはウエイターでサーブしたい。オペレーションとして2タイプの席を同心円上および断面的にレベル差で分け、利用時間2時間を境に利用客をオペレーションで分けていく。テーブル席では飛行機の座席の様にイヤホーン(利用客持参のipod用イヤホーンジャック使用)で中央厨房上部のLEDビルボードで流れている各国の国際ニュースを見る事と離発着情報がビジュアルで流れるシステムを構築する。ビルボードは決まった国のヘッドラインニュースが同じ場所で流れることにより離発着の航空会社利用客が一角に集中するであろう。これはひとつの狙いである。成田では午前中の早い時間はアジア便が多く昼前よりユーロッパ便が増える。午後からは北米便が多くなり、夕方はまたアジア便が増えたりと、12区分が出来る平面計画で搭乗機利用客をエリアにまとまる事が出来、次に来るフライトの利用客を読める様になるだろう。このローテーションを計算してレストランの空席率を少なくしたい。
    この考えを基本にインテリアデザインはグレード感を与えながらも、スタンディングからソファー座りが出来る空間は、団体旅行の利用客から世界を巡るビジネスマンまで広く搭乗客全体をターゲットとしたレストランが成立するだろう。  

  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(1.3MB)

2008.09.04

リッチミー ニューヨーク 渋谷

  • 渋谷マークシティー地下に位置するショップ。変わりゆく渋谷のファッション文化の中、ニューヨークテイストのガーメントと雑貨をプレゼンテーションする空間としてカジュアルながらもエレガントであるインテリアデザインを追求。ファッションに敏感な女性に支持を受ける。

  •  
  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(5.3MB)

2008.08.01

加賀 レジデンス アネックスラウンジ

  • マンションの別棟に設置された、このラウンジ及びゲストルームスペースはややもすると利用されなかったりとデザインによっては無人化する恐れがある。よって魅力あるインテリアデザインが利用頻度を上げる第一要素と考え、ファミリータイプのマンションとしては、クラス感とグレードあるデザインとした。また照明計画では、利用時間帯などもまちまちである事から、ライトマネージャーを導入してシーン設定を行い朝、昼、日中そして夜と照明によって空間に広がりと落ち着きをあたえた。洗面室及びトイレ廻りは、メンテナンスを考慮してタイル及び化粧板を床及び壁材とし、日々の清掃を簡便に出来る工夫がなされた。
     
    Design Produce : ANDO GALLERY
    Architecture : KAJIMA DESIGN

  •  
  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(7.2MB)

2008.05.31

インフィニート アルフレッドバニスター原宿

  • 1978年開業のラフォーレ原宿は30年経過した今日でも、来店客数の多いフッションビルである。絶えずリニューアルを行い旬な東京を表現する。海外にも名声高くアジア人、欧米人などのグループが東京ファッションツアーとして必ず訪れる場所となっている。ここラフォーレ原宿に当初よりショップを運営するアルフレッドバニスターは東京ストリートファッションの草分けだ。エッジ感のあるシューズは若者の憧れである。今回、アルフレッドバニスターがさらなるイメージアップをはかるべく、東京ストリートファッションの先駆者として次に来るデザインの潮流を表現する新しいショップデザインのリニューアルを我々に託した。依頼に対し提案は`東京エレガント`とした。ラグジュアリーでもなくストリート一辺倒でもない新しい東京のエレガントストリートを表現する。これは先駆者ブランドならでは成立できない、本当の意味での刷新だ。モノトーンで構成された空間は`暗い明るさ`の照明計画により、スポットライトでひとつひとつピックアップされた商品は手元に浮かび上る。中央には空港のカルーセルをイメージしたステージと天井から吊られた回転式サークルラックを設置した。これによりディスプレイ機能を備え陳列としても機能するスペースを確保した。グロッシーな白い壁とデープダークミラーの陳列棚の組み合わせは空間に奥行きを感じるリフレクション効果を考慮した結果である。天井と床はダークな色彩として存在を極力消すインヴィジブルなデザインとした。インフィニート、と店名を冠するショップは無限のポテンシャルを持つリテールスペースとしてラフォーレ原宿の歴史と共に歩み続けるだろう。
     

  • Laforet Harajuku, originally emerging in 1978 as one of Tokyo's most renowned fashion buildings, remains a major draw for shoppers and other customers today, even after three decades of operation. This is a spot locked in a constant state of renewal, manifesting what is in season and chic in the thriving Japanese capital of Tokyo. The building is a renowned hub of mode overseas as well, and is almost always included on the Tokyo fashion tour agendas of groups trip here from Asia, Europe, North America and other parts of the world. alfredo BANNISTER, a brand that has featured a boutique here in Laforet Harajuku from the very start, is a pioneer of Tokyo street fashion. The shoe selections, projecting a cool and distinctive sense, are prized by the younger generation for their fine quality and imaginative designs. On this occasion, alfredo BANNISTER turned to us for the renewal of its shop design, with the aim of raising its image to even greater heights. As a proven pioneer of the Tokyo street fashion scene, the brand wanted to firmly convey images of the next wave of designs in that mode. Rising to this assignment, we proposed the theme of "Tokyo Elegant." This is a concept with an underlying current that is neither luxury, nor an uncompromising commitment to the street. Rather, the idea is to unfurl a new venture for Tokyo elegant street fashion, as we define it. Innovation, in other words, in the true sense of the word, played out exclusively by a groundbreaking brand in full swing.

    Photographer : KOZO TAKAYAMA

  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(4.9MB)

2007.12.11

6 Sense Exhibition

  • OZONE新宿3階で行われたエキビジション。6人のデザイナーが各々の感性(SENSE)で24時間のパーティーシーンを表現。ここでは早朝の光の中のパーティーを提案した。

  •  
  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(0.6MB)

2007.09.16

ルシェルブルー 渋谷

  • 昨年(2006年)秋、イタリアでファッションデザイナーのヴァレンティーノがデザイナー45周年を記念しての大回顧展が行われた。場所はローマ市内にある初代皇帝アウグストゥスの霊廟、アラ・パチス(平和の祭壇)。建築家リチャード・マイヤーによるモダンな建築で被われた歴史的建築的に重要なこの遺跡にハリウッドセレブ達を魅了したドレス群が2000年の歴史と共に展示された。息をのむ素晴らしい回顧展はエレガンスで西欧ファッション文化の究極だ。西欧人の創作は伝統文化にオリジナルのデザインを施しコンテンポラリーに仕上げる。そしてデザインリーダーとして次に来る時代を大陸的観点かつ民族的総合力で世界に発信する。私たち日本人はどうだろうか。欧米化した現代では欧米スタイル無しには成立しない。また日本様式一辺倒では都会にそぐわない場面がある。では表現として西欧の模倣で良いのか。これは消費するデザインであって、次の時代が見えないばかりか発信するものが創れない。ならば僕たちはダイナミックな欧米スタイルに日本人特有の繊細さをプラスした僕たちのエレガントを創りたい。前段の考えで渋谷神南坂にルシェルブルーの新店をデザインした。ガーメント商品はオリジナルの比率を高めジャパン発が店頭を飾る。雑貨を中心としたオリジナルギフトはパケージデザインを含めひとつひとつに思考を凝らす。今後の東京ファッション文化を予感するブティックは屋号にも記されたBLEU/青に染めた5000冊の装丁本に囲まれ、東京ならでのエレガントが体感できる。

  • This boutique has opened its doors in the chic Shibuya quarter of Tokyo.
    By genre, it is a ladies' select shop, primarily handling made-in-Japan
    The shop design deploys an elegant mix of the Tokyo street style and the international nuance seen in Europe and North America. Following the architecture, the entrance is essentially a landing between the first and second floors, with the initial view coming into focus from outside on the street being the shop ceiling. Suspended from the ceiling, meanwhile, are lustrously finished panels, hung in random patterns. These panels blend ambiguously into the products, customers and furniture directly beneath them, expressing the coming and going of people and flickering light in dreamlike images (much like the irritation of awaking from sleep with vague memories of a dream, but being unable to effectively communicate the story in words).
    Inside the boutique, some 5,000 original, smartly bound books are tightly packed into row on shelves along the walls. The volumes are bound in blue and black colors, and tenderly engraved with the store name - "LE CIEL BLEU." One section of these original books forms a hidden door, with the finishing touches of the design arranged so that only those working at the boutique know where the door is located. Customers standing nearby can be startled when the door suddenly opens, and a store employee nimbly enters The color scheme is carefully crafted with black and blue tones, in an elaborate expression of Tokyo elegance. The black conjures up sensations of the cutting edge of cool fashion, while the blue articulates the passage of graceful and eternal time. On the strength of this contrast, the elegance of Tokyo has been instilled with defining spatial dimensions emerging in the trendy Shibuya quarter of the metropolis.
    Embellishing an elegance not to be found in Paris, New York or London, this shop beams out its own special and sophisticated message to the world, from the thriving heart of Tokyo.
     
    Photographer : HIROYUKI HIRAI

  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(19.8MB)

2007.09.01

SUKIGAMI

  • 光の柄をデザイン
    2007年10月よりカーテンレール/ブラインドメーカー、トーソーのプレミアムブラインド「GRACIER」が、住空間向け新商品として手漉き和紙を使用したロールスクリーン「SUKIGAMI」を発売した。この開発プロジェクトにおいてスクリーンを彩る柄のデザインが依頼された。マテリアルとなる手漉き和紙は、日本画壇では最上級とされている越前和紙。その老舗問屋である杉原商店を通じてデザインすることとなった。また越前は僕の出身地でもあり(福井県武生市、現在は越前市)地元に錦を飾るデザインだ。
    デザインするにあたり、"オリジナリティー" "和風を意識しない現代性"さらに"品質性能が満足できるもの"との課題が与えられた。都市の住宅ではスクリーンを閉めたままであることが多いという現状を踏まえ、デザインコンセプトは「光によって表情の変わるスクリーン」とし、和紙の透かし柄によるデザインを提案した。昼間は外光によって柄を際立たせ、内外光がニュートラルとなる夕方は和紙そのものの表情を見せる。夜は室内光でとばりが落ちた窓辺の表情を豊かにする。時制による光の柄である。幾パターンにもなる柄のスタディーから5パターンが選び出され、商品化に向かって紙漉きの型作りから、原寸サンプルづくりとなった。透かし技法によるデザインの再現性、スクリーンの大きさや多様なサイズ(最大W1200×H2700で10mm単位のオーダー可)への対応などの難題に対し、何度となく試作が繰り返された。完成あいなったスクリーンは、透かして通る光があたかも昆虫の翅のように繊細で美しい商品となった。
     
    2007年度グッドデザイン受賞

  • Roller shades screen make by Japanese paper (hard craft).
    designed patterns.TOSO CO.,LTD.
    2007 GOOD DESIGN Award

  • 詳細はPDFでご覧になれます。
    For more details on this project;
    Download PDF(1.2MB)